■TRAC 東北リサーチとアートセンター

所在地/宮城県仙台市
主要用途/ギャラリースペース

構造・構法--------------------------------
主体構造 鉄筋コンクリート造

規模-------------------------------------------
敷地面積 ー㎡
建築面積 ー㎡
延床面積 137.21㎡
工程-------------------------------------------
設計期間 2017年1月~2017年2月
工事期間 2017年3月 

 

 

仙台市内の青葉通りの好立地に建つ築40年の賃貸物件のリノベーションである。

東北リサーチとアートセンター(通称TRAC/トラック)は、仙台や東北の歴史・資源・課題などを調べ、アートや表現につなげる活動と交流のための拠点として、せんだいメディアテークが地域で展開するアートプロジェクト「アートノード」事業の一環として展開していくための施設である。

ギャラリーとしての、平滑な壁面、可変性のある照明を作りながら、アーティストとコミュニケーションを測るダイニングキッチンスペースや、アーカイブとしての書庫や倉庫、アートを作りながら駐在するワークスペースの設えを整えるようにした。

仙台の街とアートの関係性を近ずけてくれそうな、小さくも大きな試みに、胸が踊る場所が生まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「立ち上がりの技術01 語り野をゆけば/つくる手さぐる手かきわけて」

瀬尾夏美さんや小森はるかさんたちが立ち上げた、記録と表現とコミュニケーションのための一般社団法人NOOKの出版レーベル"野尾久舎"の1冊目。 TRAC(東北リサーチとアートセンター)で2017年度に開催したふたつの展覧会の記録集です。


人はなぜ語るのか?を問いに3人の語り手への人生史をひもとく「語り野をゆけば」、“障害のある”5人の作家たちの表現の背景をインタビューや資料をもとにひらく「つくる手 さぐる手 かき分けて」。


展覧会に協力した語り手の方々の言葉や資料、作家たちの作品写真やその制作背景、企画チームによる論考や関連イベントの記録、専門家による寄稿など、盛りだくさんの内容が詰まっています。

執筆:佐藤正実、山本唯人、柴崎由美子、津口在五 / 佐竹真紀子、中村大地、小森はるか、磯崎未菜、瀬尾夏美(以上、NOOK)
編集:高橋創一、瀬尾夏美(NOOK)、細谷修平(NOOK)

188×116mm、224ページ、カラー/モノクロ、ペーパーバック、2019年。

 

 

 

 

 

 

 

 

images.jpeg

GingaArchitects / ギンガアーキテクツは、宮城県仙台市を拠点として山形など近県エリアで活動する一級建築士設計事務所です。

住宅や集合住宅、事務所、商業店舗、クリニック等の新築や増築、リノベーションなどの設計・監理を行っています。

​建築家 東北 住まい 

  • Ginga architects
  • Ginga architects
  • Ginga architects
  • Ginga architects

Ginga architects | ギンガアーキテクツ は、宮城県 仙台市、山形県 山形市 福島県 を拠点とした 一級建築士 設計事務所 です。

住宅・集合住宅・別荘・アパート・オフィス・店舗・レストラン・クリニック等の設計・監理、確認申請、マンション リフォーム、リノベーション等を行う

建築設計事務所のホームページです。建築家との家づくり 変形敷地 旗竿敷地