Moisteane Salon Lupinus

場所

山形市内の化粧品販売のサロンです。幹線道路からは、建物全体をサインとしてシンプルな作りに見せています。来年の春先には、お店の名前の由来となったルピナスを足元に植えることになっています。

長さを生かした円弧の空間

アプローチには庇空間を作り、路地のような明るいサロン空間が連続します。20坪の中の西側半分がオープンなサロン空間、東側は閉じるお手入れスペースや事務室、トイレの空間になります。東側の閉じる空間のプログラムの割合が多くなることで、サロンの空間にに膨らみを持たせ、曲面の大らかな円弧で区分けすることで長さや奥行きをとるデザインとしました。この円弧の部分は、柔らかなシースルーのカーテンで覆われ、間接照明で優しく光る壁になっています。西側の壁沿いにはテーブルが配置され、その下にはスリット状に開口部が設けられ、玉砂利の庭へとつながります。

​小さい中に奥行きや広がりを感じる、柔らかで明るいカフェのようなサロンが出来上がりました。

Plan
data

Moisteane Salon Lupinus

基本情報

所在地
山形県山形市城西2丁目71−9
主要用途
店舗
主体構造
木造 / 平屋

規模

敷地面積
151.37㎡
建築面積
64.03㎡
延床面積
59.20㎡

工程

設計期間
2016年9月~2017年4月
工事期間
2017年5月~2017年9月 

敷地条件

  • 特になし

メディア掲載

DAIKO電機の納入事例
DAIKO電機の納入事例
sanwa companyの納入事例
sanwa companyの納入事例

写真

小関 克朗